木の器のメンテナンス◇えごま油を入れる。

kitchen tool

高塚和則さんのくるみのオーバル皿にえごま油を塗りました。

201809_318

写真だと分かりにくいですが、オイルメンテナンスでずいぶん変わります。

201809_321

薄っすら白っぽくなっていた器が蘇る。

201809_322

ほんの少し油を入れるだけで艶やかに蘇ります。

201809_323

今回使用したえごま油は、器の購入時にいただいたもの。

関連記事:高塚和則さんの器を買いました◇益子陶器市戦利品

(画像↓は過去記事より再掲載。)
201711_056

木の器をたくさん持っていて、頻繁にメンテナンスする場合には専用のオイルがあった方がいいのかもしれませんが、ときどきお気に入りの木の器をメンテナンスするだけなら、普段のお料理に使っている植物油でもいいですね。

今回はトレーやコースターなどもまとめてメンテナンスしましたが、オイルはほんの少しで十分。
見違えるように艶やかになりました。

201809_320

高いから良いモノ、安いから悪いモノというわけではありませんが、素材を選んで手を掛けて作られているものはやはりお値段も高い場合が多いと思います。
高塚和則さんの器は決して安くはなかったけれど、こうしてメンテナンスして使い続けていきたいと思えるものはやはりいいモノだと思えます。

気持ちを注いで、労力を注いだ分、味わいが出て、愛着が湧くモノ。
時間が積み重なっていくモノ。

201809_319

お気に入りの木の器たちをこれからも大切に使っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました