開化堂と珈琲豆◇月日の流れで変わったモノ、コト

kitchen tool

開化堂の真鍮キャニスターに珈琲豆を詰め替えることにしました。

201808_016

3年半ほど茶葉用に使っていたショートサイズのキャニスターを珈琲豆用に転用。
先日購入したスターバックス リザーブのショリーを詰め替えました。


ロングタイプのブリキと銅のキャニスターには500gの大袋で購入している珈琲豆を250gずつ詰めて愛用中。
毎朝飲んでいるコスパ重視の珈琲豆が詰まってます。

201808_020

小さな真鍮のキャニスターはいつもと違う特別な珈琲豆を買ったときに使うことにしました。

アクリルキャニスターに茶葉を保管するようになって一年ほど。

201708_310

珈琲豆は飲み終わってから次を開けるのに対し、茶葉は並行していろいろな味や種類を楽しんでいるので、詰め替えて使うよりも袋のまま管理できる方がわが家の暮らしには合ってました。

そして、珈琲豆は口が大きく開いていると計量スプーンですくいやすいので、口の大きいキャニスターに詰め替えると便利。

201808_017

開化堂のコーヒーキャニスターを使うようになって4年。

年月を経て、ピカピカだったキャニスターはすっかり味わい深い印象に変化しました。

201808_018

4年前の銅とブリキのキャニスターはこんなにピカピカだったのに!

Before
20141107_02_11.jpg

珈琲豆や茶葉の保管方法は日々の暮らしで少しずつ変化してきたけれど、4年間ですっかりわが家のモノとして定着。

201808_015

使いこむことで変化していく様子もいいものですね。

ストリングポケット / ホワイト×オーク (String Pocket) 【送料無料】【smtb-F】

コメント

タイトルとURLをコピーしました