ダイニングチェアが届きました◇アーコールのクエーカーチェアとキッチンチェア

ROOM

新たなダイニングチェアが届きました!

アーコールのヴィンテージチェアです。

130318_アーコールチェア01

背もたれのカーブした「クエーカーチェア」(写真手前)が夫用、奥の「キッチンチェア」がわたし用。
形の違う二種類の椅子を新たなダイニングチェアとして選びました。

置き換えてみるとこんな感じ↓

130318_アーコールチェア10

アーコールチェアの存在感に惚れ惚れ やっぱりアーコールはすごい。
色合いが変わった以上の変化だわ~。

しかも、背もたれの高さの違う椅子が並んだことで、空間にリズムが生まれた気がします♪

新しいテーブルが届くのは今月末なので、それまではテーブルクロスで色の違いを隠します。
早くテーブルも届くといいな~。

キッチンから見える景色も変わり↓台所仕事も気分上々♪

130318_アーコールチェア06

ダイニングチェアだけでこんなに部屋の印象が変わるとは、予想以上でした!

やっぱりアーコールが好き~、って改めて思いました。

後ろから見ても素敵だし、横から見てもぐっとくる

130318_アーコールチェア08

この感じ↓がまたたまらない。
ピアニストの指みたいで綺麗。人の温もりを感じさせる家具なのよ、アーコールって。

この写真を見せて、夫に「美し過ぎるよね~」と言ったら、「マニアック過ぎる」と返答。

130318_アーコールチェア07

それぞれに、「ERCOL MADE IN ENGLAND」のアーコールシール。

細部に至るまで、とにかく好きなんです。
ここまでくると、本当に趣味の世界だわ。

部屋全体の様子↓はこうなりました。

130318_アーコールチェア05

違和感っ!!

色合いと質感の合っていないテーブルの脚とTVボードが余計に浮き立ってしまった。。。
つまらないシーリングライト、ラグまでも一層気になってきた
角々したカップボードも合ってないし、マリメッコのボットナも雰囲気に合っていない。

ブログを始めてちょうど3週間。どんどん課題が見えてきました

・色味や質感の統一感がない
・天井からの空間使いがない
・足元を活かせていない

アーコールと北欧のミックスを目指す前に、ぐちゃぐちゃにミックスされているわが家の現状を揃えないとだめだわね。まずは色味と質感を統一させないと!

そういうベースを整えてから、天井や足元の空間に手を入れて、それからようやく北欧テイストとの組み合わせに着手ね~。先は長いわ!

違和感だらけのインテリアだと問題が分かり難いけれど、ひとつずつ取り組んでいくと問題もはっきりしてきますね。ひとつずつ解決していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました