がま口ポーチの作り方◇marimekko & artek

Handmade

北欧ファブリックを使ってがま口ポーチを作りました。
アルテックのSIENA とマリメッコのMINI UNIKKO。

型紙サイズと作り方紹介です。

型紙

口金(角型)幅約8.5cmの角型の口金を使い、
ミニウニッコは縦13.8cm、シエナは縦13.3cmで作りました。

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り018

その他のサイズは写真↑の通りです。縫い代は0.7cm

作り方

表布と裏布を裁つ

型紙に合わせて、表布2枚、内布2枚を裁つ。

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り020

中表に縫い合わせる

表布と内布をそれぞれ中表で縫い合わせる。

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り05

カーブに切り込みを入れ、縫い代を割る。

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り07

表袋と内袋を合わせる

裏袋を表に返し、表袋の中に入れる。

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り08

待ち針で留める。

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り021

返し口を開け、表袋と内袋を中表に縫い合わせる。

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り010

返し口から表に返し、アイロンで整えてから返し口を縫い合わせる。

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り011

口金の取り付け

返し口を縫い、口金を取り付ける。

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り012

口金の溝にボンドを塗る。
(爪楊枝を使ってボンドを塗りました。)

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り013

袋布を溝に入れる。

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り014

少し待って、ボンドが半乾きになったら、口金と袋布の間に紐を挟み込む。
(口金用ヤットコを使いました。)

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り015

口金の両端をペンチで押さえて固定する。
(がま口用ペンチを使いました。)

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り016

今回は直径約2.5mm のワックスコードを使いましたが、
もう少し細い紐の方が良さそうな気がします。

完成品

縦の長さを変えて、2つのがま口ポーチが完成♪

20140827_北欧ファブリック ハンドメイドがま口作り01

MINI UNIKKO はSIENA よりも5mm長く作りました。

20140827_marimekko ハンドメイドがま口03
関連記事:marimekko がま口ポーチ完成◇MINI UNIKKO 【ハンドメイド】

iPhone 5c 用にサイズを合わせて作りました。

20140827_marimekko ハンドメイドがま口02

シエナはミニウニッコよりも長さを5mm 短く作りました。

ハギレを使って簡単に作れるので、
いろいろなサイズで作ってみたいと思います^^

参考:材料・道具など

口金は8.5cm 幅をの角型使いました。
用途や布の印象に合わせ、色違いやDカン付きもいいと思います。

口金に挟むコード紐は直径約2.5mm を使いましたが、1.8mm くらいでも良さそうです。

専用の道具はなくても作れますが、あると便利でした。
手芸用ボンドもあるとなにかと便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました