無印良品デニムのソファに合わせたもの◇花柄デニムのクッションカバー【45Rの生地でハンドメイド】

Handmade

ソファカバー掛け替えのつづき。

関連記事:デニムのソファカバーに交換◇無印良品ハイバックリクライニングソファ【オーダーカバーのデニム綿ヒッコリー】

ソファカバーに合わせて、クッションカバーもデニムにしました^^

201604_065

何年も前に買っていたデニム生地を使ってハンドメイド。

201604_058

たしか、足元に置いているオットマン代わりのカバーを45Rで買ったとき、一緒に買ったはず。
(中身は無印良品のビーズクッション・小です。)
何年前だろう…^^;

201604_066

トートバッグでも作ろうと思って、1mだけ買ったものの、
もっといい使い道があると思って、なかなか裁つことができなかったデニム生地。

クッションカバーにするにしても、一個しか作れない長さで、何年も眠ってました。

ですが、この部屋には一個でじゅうぶん!
ソファカバーをデニムに替えたのを機に、ハンドメイド^0^

201604_060

サイドファスナーのいつものクッションカバー。

関連記事:ファスナー付きクッションカバーの作り方◇45×45cm:表裏同じテキスタイル

201604_067

45Rの【R】もまぎれてます^^

201604_063

裏側もお花。

201604_061

デニム生地なので、一晩水通しをした後、更に洗濯機で洗ってから作りました。

中身は以前、リビングで使っていた無印良品のヌードクッション。
3つのうち、2つはもんすけ用にリメイクして、一つだけ残っていました。

関連記事:【無印】洗えるクッションをリメイク◇もんすけ用に生まれ変わりました♪

整理収納の観点から言えば、いますぐに使わないモノは手放すべきモノ。。。
でも、デニム生地もヌードクッションもとっておいて良かった。

趣味のモノはこうして時間が経ってから活躍するものもある!
やっぱり、布は布のままではなくて、縫ってこそ活きますね^^

201604_099

45Rのモノは、「日本のいいところ」を感じられるものが多いので、
座椅子っぽい雰囲気と、畳との組み合わせもけっこう気に入っています。

ようやく形にできて、ほんとうに良かったです!

リクライニングソファのカバーもデニムにしてほんとうに良かった^^

タイトルとURLをコピーしました