お気に入りの北欧テキスタイルを使って
45cm×45cmのファスナー付きクッションカバーをハンドメイドしています。


わが家の定番クッションカバーの作り方のご紹介。



130413_クッション02



◇45cm×45cmのクッションカバーの作り方◇

◇材料◇

完成サイズ:45cm×45cm

表布1枚 縦47cm 横48cm(縫い代含む)
裏布1枚 縦47cm 横47cm(縫い代含む)
コンシールファスナー 43cm
 ※異なる表布と裏布を使い、右端にファスナーを付けたカバーです。


120723_クッションカバー作り16



◇手順◇

◇事前準備◇

1.布端にロックミシンをかける(またはジクザグ縫い)

2.表布の右端2.0cm、裏布の左端1.0cmをそれぞれ写真のように折り、
  アイロンで整える

120723_クッションカバー作り02

 (裏布側は1cm、表布側は2cm。)
120723_クッションカバー作り03



◇ファスナー付け1◇

3.裏布にファスナーを縫いつける

120723_クッションカバー作り05


両サイドから2.0cmになるようにファスナーをまち針で留める(しつけでもOK)

120723_クッションカバー作り04


ファスナーの耳とあき口の耳を揃える(ステッチ0.2)

120723_クッションカバー作り06



◇ファスナー付け2◇

4.表布にファスナーを縫いつける

120723_クッションカバー作り07


写真のように、表布にファスナーをまち針で留める(しつけでもOK)

120723_クッションカバー作り08


縫い始め↑と縫い終わり↓は矢印のように縫う。
表布と裏布がきちんと重なるように注意する。

120723_クッションカバー作り09


120723_クッションカバー作り10



◇仕上げ◇

5.ファスナーを開け中表にして縫い合わせる。
  (ファスナーを開けずに縫ってしまうと、表に返せなくなるので注意)

120723_クッションカバー作り11


6.縫い代を折って、表に返す

120723_クッションカバー作り12


縫い代を表布側に折ってアイロンで整える

120723_クッションカバー作り13


三辺ともきちんと倒し、四隅がきれいに出るようにして表に返す

120723_クッションカバー作り14



◇ファスナーとヌードクッション◇

それぞれ、表布と裏布を変えて2種類のカバーを作りました。
表布と裏布の違いで、ファスナーの色も変えています。
裏布と同色のファスナーを使うとファスナーが目立ちません。

120723_クッションカバー作り15


中身は、無印良品の43cm×43cmのヌードクッションです。

120723_クッションカバー作り17



◇使用した生地◇

スティグ・リンドベリのデザインしたテキスタイルを使用。

赤とグレーをそれぞれ50cmずつ購入し、
3個のクッションカバーを作りました。




北欧 スウェーデン産ファブリック Ljungbergs ユンバリ fruktlada フルーツボックス



◇季節によっていろいろ◇

最初は少し手間取るかもしれませんが慣れると手軽に作れます。

50cm四方のカットクロス二枚で作れるので、
季節によってお気に入りのクッションカバーを作ってみてはいかがでしょう

手軽にインテリアの変化を楽しめますよ^^






◇ブログランキング◇

ブログランキングに参加しています。
お手間おかけしますがブログ応援クリック↓していただけると嬉しいです。



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ