タッセルの作り方◇カーテンを束ねて留める舟形バンド【簡単ハンドメイド・寸法図】

003 Handmade

カーテンのタッセル

カーテンのタッセルの作り方のご紹介です。

寸法は自宅の既成カーテンのタッセルのサイズを参考にし、カーテンを作った残り布に接着芯を貼って作成。

ハンドメイドのカーテンの共布で簡単にタッセルが作れます。

寸法図・型紙

既成カーテンのタッセルのサイズを参考に、縫い代(1.0)を含めた型紙を作りました。

カーテンのボリュームに応じて長さや幅をアレンジして、型紙作成時に微調整してください。

作り方

(1)生地と接着芯を裁つ
(2)生地の裏に接着芯を貼る
(3)中表に折る
(4)両端を開け、カーブ部分を縫い合わせ、開き口から表に返す
(5)両端を内側に折りこむ
(6)紐を入れてステッチをかける

準備

表地と接着芯を同じサイズで裁ちます。

紐の種類や長さ(10~14cm)はお好みで準備。
(今回は共布で8mm幅の平紐を縫いました。)

接着芯は貼らなくても作れますが、接着芯を貼ると仕上がりが綺麗です。

接着芯は生地の裏側にアイロンで貼り付けます。

両端に1cmずつアイロンで折り目をつけておく。

両端の折り目を付けておくと両端を折りこむときに綺麗に折れます。

中表に縫う

折り目を伸ばして中表に折り、待ち針で留める。

カーブに沿って縫い合わせる。(縫い代1.0)

縫い代0.5をカットする。

縫い代を縫い目に沿ってアイロンで折る。

縫い代のカットやアイロンで折る作業はしなくても作ることはできますが、ひと手間で仕上がりが綺麗になります。

表に返す

両端の開き口から表に返す。

両端を1cmずつ折りこみ、アイロンで整える。

事前に折り目を付けておくと綺麗に折りこめます。

紐を付ける

両端に紐をU字に曲げて差し込む。

両端に紐を差し込み、ステッチをかける。

タッセルはカーテン1枚につき1本なので、カーテンを2枚付ける場合には、タッセルももう1本作ります。

タッセルが完成。

関連記事:https://wagacoco.com/202109handmade-curtain-artek/

ふさかけの大きさに応じて、紐の太さや長さを調節して作ってみてくださいね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

わが家のここち。ブログ記事一覧TOPへ(https://wagacoco.com/blog/)

コメント

タイトルとURLをコピーしました