リビングにクリスマスハンドメイド◇ARVIDSSONS TEXTIL

Handmade

すっかり日も短くなり、気忙しない時期になりました。

そんな師走ではありますが、キャンドルに火を灯し、テキスタイルをクリスマス仕様に。

20141202_01_07.jpg

TV に掛けているテキスタイルをアルビッドソンズに替えました。

20141202_01_03.jpg

クリスマスのオーナメント柄のPynta (ピンタ)です。

リバーシブルのカバーを簡単にハンドメイド。

返し口を残して、中表にぐるりと縫い、表に返して、
まわりをぐるりと縫っただけのカバーです。

20141202_01_11.jpg

20141202_01_02.jpg

表と裏で柄の出方が異なるリバーシブルカバー。

カバーを裏返してみると…

20141202_01_04.jpg

ちょっと変化。

でも、柄が変わっても、あまり違いはないですね。

というわけで、キャンドルに火を灯してみると…

20141202_01_06.jpg

20141202_01_08.jpg

雰囲気が変わる。

テキスタイルの変化よりも、ライティングの変化の方がクリスマスらしい。

キャンドルの明かりで壁に映るシルエットに見惚れてしまいました。

20141202_01_05.jpg

明るいリビングも好きですが、いまの季節は暗くなったリビングもとても好きです。

寒い季節だからこそ、キャンドルの光の暖かみに、より親しみを感じるのかもしれません。

クリスマスが過ぎても、冬の間はキャンドルを楽しむインテリアにしたいな。

タイトルとURLをコピーしました