アアルトベース◇飾りやすいサイズとギフト選び

interior

色選び

同じ色に合わせる

友人の引っ越し祝いにアアルトベースを選びました。

リビングのアアルトベースを見ながら、友人宅に合う色の検討。

わが家の現在のリビングにはレインの95mmと251mmのフィンランディア。
形が違っても、色を統一するとインテリアのまとまりが生まれます。

レインは植物や雑貨との相性も良く、とても好きな色。

海外通販サイトを利用して、サイズ違いで二つ一緒に購入したものです。

特別な限定カラーと万能クリア

アアルトベースのカラーは生産時期によっても異なるので、特別な贈り物として限定カラーを選ぶのも悪くない。

スノーオウルの隣に飾っているアアルトベースは、95mmのクリアと160mmのブラック。

ブラックはフィンランドで購入したもので、2014年の限定カラー。
その時にしか買えないものは特別な色を選ぶのもいいです。

160mmは花を飾るには難しいサイズ感だと思うのですが、置くだけで存在感があるので、インテリアとして飾りたい色を選ぶのがいいように思います。

そして、どんな色と組み合わせてもクリアはやっぱり使いやすい色。

インテリアとして使いやすく、北欧インテリア好きなら飾り方に困ることはないのではないかしら?


イッタラ / アアルト ベース 95mm [iittala / Aalto Vase アールト]

ちなみに、わが家の小さなアアルトベースはカクテルグラスでした。
定番中の定番カラーのアアルトベースですが、思い出は特別。

一般的にカクテルグラスとして使うことはないと思いますが、クリアは中身も引き立ててくれる万能カラーだと感じてます。

飾りやすいサイズ

160mmはインテリアとして存在感がありますが、95mmは雑貨と合わせて飾りやすいサイズ。

サイズの異なるアアルトベースとの組み合わせもしやすいですし、他の雑貨との組み合わせにも使いやすいサイズ感。

最近はアアルトベースに花を飾ることはあまりありませんが、少しの花で華やかにまとまった印象に飾れるのも小さなアアルトベースの魅力。

小さいアアルトベースなら、花とベースの色の組み合わせをあまり意識せずに使えるのもいいです。

ギフトに決めた色とサイズ

いろいろ迷いましたが、わが家のアアルトベースの使い方を改めて見つめ直して、ギフトを決定。

サイズは95mmにしました。
収納しやすい小さなサイズで、他のアアルトベースや雑貨とのバランスもとりやすいサイズ。

小さなアアルトベースなら、カラーを取り入れるときにもいい。

ガラスならではの透明感もアアルトベースの魅力。

限定カラーのサーモンピンクも良さそう。


イッタラ / アアルト ベース95mm サーモンピンク [iittala / Alvar Aalto Vase]


iittala ( イッタラ ) フラワーベース 95mm / ホワイト Alvar Aalto Collection ( アルヴァ ・ アアルト コレクション ) 【 正規販売店 】.

ホワイトもインテリアに取り入れやすそうで迷いましたが、自分自身が使っていてとても気に入っているクリアに決めました。


イッタラ / アアルト ベース 95mm [iittala / Aalto Vase アールト]

アアルトベースは形そのものに存在感があるので、ギフトにはシンプルなカラーを選ぶのも良さそうです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました