無印良品ラタンバスケットで収納と投射台◇プロジェクターを便利に【EPSON EH-TW5350】

ROOM

和室をホームシアターとして楽しむための和室の模様替えのつづき。

関連記事:和室の模様替えAfter◇無印良品リクライニングソファ置きました【リラックス空間つくり】

プロジェクターの収納と投射時の活用について^^

収納場所はテレビの下です。

201602_287

無印良品のラタンバスケットに入れて。

201602_267

ラタンバスケットは別売りのフタと組み合わせて使っています。

201602_268

中にはプロジェクターとHDMI ケーブルをまとめて収納。

201602_271

リモコン、電源ケーブルもまとめています。

201602_272

10mでは長いけれど、5mでは少し短い、、、というわけで、接続用のHDMI ケーブルは10m。
BDレコーダーとプロジェクターをつないで、
録画番組、BDディスク、テレビなどをプロジェクターで見ることができます^^

投射時には、この10mのケーブルで和室のBD レコーダーとつないで、、、

201602_264_

収納時に使っているバスケットを投射用の台として使ってます。

わが家のリビングや和室で投射するとき、ちょうどいい高さの台を探していて、
収納と投射台を兼ねて無印良品のラタンバスケットを活用。

201602_266

ワゴンの上にのせ、投射場所に移動。

投射映像のピント、画像サイズ、高さ、上下左右のゆがみ補正など、
微調整はプロジェクター本体の補正機能で。

201602_278

プロジェクターの補正機能で補正できる範囲には限度があるので、
投射する場所に合わせて、ワゴンの位置を移動して使っています。

たとえば、和室の壁に投射するときは、、、

201603_023

和室の手前にワゴンを移動して、テレビを台の下に降ろして見ています。

ワゴンを移動して大まかな位置を決め、本体の補正機能で微調整。

201603_025

プロジェクターから音声が出るので、
ケーブルで移動できる範囲なら、どこでも映像を楽しめます^^

壁からプロジェクターの位置を離せば、リビングの壁一面に大きな映像を映すこともできます。

201603_026

ですが、、、

201602_275

わが家のリビングでは照明や家具が邪魔になってしまうので、
大きな画面でゆっくり楽しみたいときには和室の壁に投射しています。

ブルートゥース対応なので、
音響システムがあれば、もっと映画を楽しめるはず!

購入前はEPSON のホームページをくまなく読んで、決めました。
EPSON ホームページから4日間お試しレンタルもしているようなので、
購入検討にはレンタルサービスもいいかもしれませんね!

201603_027

リクライニングソファやブランケットを置いて、
プロジェクターの収納場所や使い方も決まり、
和室が夫婦の趣味の空間になってきました。

ぴったりの収納方法や使い方が見つかるまで、あれこれ試行錯誤。

収納場所の広さやプロジェクターの大きさ、投射時の高さをを確認、
無印良品のカタログでラタンバスケットの内側や外側のサイズを確認して、
サイズがぴったりだと分かったときは、嬉しかった!

でも、実際に買ってきて、使ってみるまではやっぱりドキドキでした。
ぴったりなサイズで良かったです^^

タイトルとURLをコピーしました