コウモリラン◇流木への巻き付け作業工程 マダガスカルを流木・苔玉で吊るしてみました【成長記録と作業工程】

005 PLANTS

コウモリラン マダガスカル

コウモリラン【マダガスカル】を流木と苔玉に植え付けました。

鉢植えで約一年間育てた成長過程と、苔玉への巻き付け作業工程のご紹介です。

2015年4月:購入時の鉢植え

コウモリラン【マダガスカル】は昨年4月に購入。
届いたときの様子↓

2015年4月

少し大き目のプラ鉢に植え替えて鉢カバーで育ててました。

2015年4月

2015年6月:鉢植えに株分け

二つに株分け。

2015年6月

レチューザ・クラシコジョーカー21に植え替えました。

2015年7月
2015年7月

2016年3月:レチューザで成長

それぞれを二つのレチューザで育てて、このうちのひとつを苔玉で吊るすことにしました。

2016年3月
2016年3月

苔玉と流木へ巻き付け

2016年5月:レチューザから株分け

レチューザで育てたうちの一つをさらに株分け。

2016年5月

作業工程

鉢から出して、二つに分割。

根元に水苔を巻いて、ひとつは苔玉に麻ひもでぐるぐると巻き付け。

もうひとつは流木にドリルで穴をあけ、、、

ワイヤーを通して、、、

根元に水苔を巻いて、ワイヤーで巻き付けました。

作業完了。

株分け完了

というわけで、、、

昨年4月に購入したひとつの鉢が三つに分かれました。

この太さの流木なら覆ってくれそうなので、
「流木にも麻紐で巻きつけるだけで良かったのでは?」と、作業終了後に思い、別のコウモリランは麻紐で巻き付けてみました。

無事に流木や苔玉に着床するか、じっくり成長を見守ろうと思います。

追記:その後の成長過程

流木へ植え付けたマダガスカルは枯れてしまいましたが、苔玉に巻き付けたマダガスカルは順調に成長しました。

巻き付けから約1年後に貯水葉と胞子葉が出て、巻き付けから約3年後にはワイヤーの劣化で苔玉が落ち、最終的に鉢植えに戻しました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました