お酒と楽しむチョコレート◇聘珍楼とジョエル・ロブションとワインペアリング

Tea Time

もうすぐバレンタインですね。
いろいろなチョコレート菓子をコーヒーや紅茶と楽しんできましたが、、、

201902_098

今年のバレンタインはワインとチョコレートを楽しむ予定。
2種類のチョコレートを選びました。

201902_096

ひとつはジョエル・ロブション。

201902_105

中身は薄く伸ばしたチョコレートにナッツやドライフルーツをのせた、マンディアン6個入(2種×3個)です。

201902_106

ドライ杏、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、クランベリー。
イチジク、ピスタチオ、アーモンド、オレンジ果皮。

201902_108

もうひとつは【聘珍楼ショコラ】。

201902_099

今年はこのチョコレートを食べてみたいと思ってました!
(2月8日より、聘珍楼横浜本店と銀座三越で取り扱いされてます。)

201902_102

中にフィリングの入ったボンボンショコラ8粒。
金粉が振りかけられてます。

201902_103

焙煎の深い強いコクのショコラで、玖瑰露酒と花の香りや果実味を感じさせる2種類のショコラを合わせたセンターガナッシュをコーティングしたチョコレート。

201902_110

玖瑰露酒(メイクイルチュウ)とは、玖瑰(ハマナス)を原料とするお酒で、中華の焼き豚の味付けに使われるお酒。

チョコレート・ベーコンをヒントに、焼き豚の味付けに使われる玖瑰露酒をチョコレートに使うアイディアで生まれたそうですよ。

201902_104

一粒一粒をゆっくり味わいながら、バレンタインに赤ワインと楽しみたいと思ってます。

201902_107

燻製ピスタチオも一緒にいただこうかしら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました