ロバーツ・コーヒー◇フィンランドの思い出とムーミンマグ【Robert’s Cofee Kamppi】

interior

前回記事のつづき。

関連記事:マグカップをラッピング◇ムーミンマグとハートのお菓子【バレンタイン】

今年のバレンタインにムーミンマグを選んだ理由は、、、

201602_037

ロバーツ・コーヒーのムーミンパッケージに合わせたかったから^0^

ロバーツ・コーヒーと言えば、1984年創業のフィンランドのコーヒー店。

2014年にフィンランドに行ったときには、
アルヴァ・アアルトがデザインしたビルのカンピ店に行きました。

関連記事:フィンランドに行ってきました◇2014ヘルシンキ旅

201602_045

もうずいぶん前のことですが、店舗に入る前、
ドアノブのデザインでテンションが上がった思い出のお店です^^

そして、さっそく注文。

201602_040

生クリームたっぷりのマグカップにプリントされたRobert Paulig 、、、

201602_041

コーヒーのパッケージにもプリントされてます♡

日本へも輸入されているので、お家でロバーツ・コーヒーの焙煎を楽しめます^^

WATSA-KAHAWI (おなかコーヒー)とWINTER (ウィンターコーヒー)。

そして、、、ドリンクを撮影した背後なのでボケてますが、、、

201602_044

店頭にもありましたよ~^^

当時のWATSA-KAHAWI (おなかコーヒー)のパッケージはムーミンママだったと思うので、
(画像の点線丸↑の中の左端のパッケージ)
パッケージデザインが変わって、パパ、ミィ、そして背景にムーミンハウスも加わって、
いっそう優しい雰囲気に。

おなかコーヒーはおなかに優しい酸味をおさえた焙煎なんだとか。
パッケージのイメージともあってる!

201602_038

屋根付きムーミンハウスマグとも好相性♪

ちなみに、フィンランド語でおなかはVATSA 、
コーヒーはKAHAVI 、なので、、、
WATSA-KAHAWI
スペルがV→Wに。

VがWになると、発音したときの音も柔らかな優しい印象になると思うので、
商品名もやさしい印象のWATSA-KAHAWI になったのかな??

WINTER (ウィンターコーヒー)は当時もいまも同じパッケージだと思います。

201602_043

スキーをするムーミンにスノークのおじょうさんが見惚れてるのが可愛い♡
LOVE マグカップのイメージともぴったり!

フィンランドに行って、そろそろ2年が経つのですが、
「またヘルシンキ行きたい」と、最近、よく口にしている主人。

ちょうどロバーツ・コーヒーをいただいたので、
フィンランド旅を思い出しつつ、今年のバレンタインはムーミンマグに決定。
(今のところ、行く予定もないので、せめてフィンランドのことを。。。)

ムーミンマグはどれも可愛くて、悩んで決めた二つの組み合わせ。
(ムーミンマグが欲しいと思ったきっかけについてはまた改めて別記事で^^)
バレンタイン用にお菓子を詰めて、自分で簡易ラッピングしました。

関連記事:マグカップをラッピング◇ムーミンマグとハートのお菓子【バレンタイン】

可愛いムーミンパッケージは週末までストリング・ポケットに置いておきます。

201602_042

休日のコーヒータイムのお楽しみです^^

このパッケージはほんとうにカワイイくて、開けるのがもったいないくらい!
一袋は今週末、もう一袋はバレンタインの週末に開けようと思います。

ウィンターコーヒーは絵柄がバレンタインにぴったりだし、
おなかコーヒーはついついチョコレートを食べすぎたおなかに優しそうだし、
どっちをバレンタインまでとっておこうかな。。。

はやく飲みたいし、可愛いパッケージをもうしばらく眺めていたいし、
悩ましいコーヒーです!

*******
最後まで読んでくださって、ありがとうございます^^

お手間お掛けいたしますが、
お帰りの際「読んだよ」のしるしに↓バナークリックしてくださると嬉しいです。

1日1回のクリックがブログ更新の励みになっています。
いつもありがとうございます。

わが家のここち。HOME HISTORY VIEW

このブログの本を出版させていただきました。
ブログを見てくださっている皆様へこころより感謝*^^*

タイトルとURLをコピーしました