わが家のリビングには、
アルヴァ・アアルトのデザインがたくさんあります。



201507_01_18



天井から下がっているペンダントライト、
クッションカバーのテキスタイル、
三本脚のスツール、
そして、湖の形を模ったフラワーベース、
木とステンレスのプレート。


どれもフィンランドの巨匠、建築家アルヴァ・アアルトのデザイン。


Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)は、
フィンランドの家具メーカーArtekの創設者の一人でもあります。



◇Artek (アルテック)の家具◇

わが家に最初にやってきたArtek の家具は三本脚のスツール【Stool 60】。



201507_01_09



少しずつ増やして、今は四脚のスツールがあります。


リビングに置いているのは赤い天板のスツール。



 



201507_01_10



寝室では、サイドテーブル代わりに使っています。
(アッシュ)


関連記事:寝室◇Stool60をベッドサイドテーブルに



a37f50d4.jpg



キッチンにも一脚。
(ジーンズ)


関連記事:キッチンにStool 60を移動◇ワークルームのセブンチェア



201507_01_08



ワークスペースにも一脚。
(マッシュルーム)



20141030_02_02.jpg



ワークスペースと寝室はテーブルもArtek です。









関連記事:artek テーブル組み立てました◇かもめ食堂のテーブル



20150518_01_17.jpg



Artek のコンセプトはArt(芸術)とTechnology(技術)の融合、で
この美しい曲線のデザインを可能にしているのは、
積層合板の成形と曲げる技術。


デザインとそれを可能にする技術を合わせて生み出したアアルト。


フィンランド産の木材の温もりも大好きで、
アアルトのデザインしたArtek の家具を愛用。



201507_01_11



わが家の玄関にある傘立てもArtek です。


関連記事:artek アンブレラスタンド◇玄関の傘立







20150626_01_07



モダンなデザインなのに、
木の温もりと優しい曲線で、
ナチュラルなインテリアにも馴染む素敵な家具たちです。



◇空間を演出するもの◇

アルヴァ・アアルトがArtek でデザインしたものは
照明器具やテキスタイルにも及びます。



201507_01_04









わが家では、家具の他に
Artek のテキスタイルや照明器具をインテリアに取り入れています。


関連記事:リビング・ダイニングの照明◇PH4/3&A331 BEEHIVE


フィンランドを旅したときに訪れたアアルト自邸はいまでも憧れの空間。


関連記事:アルヴァ・アアルトの自邸◇憧れのインテリア


憧れのインテリアには遠く及びませんが、
日々の暮らしの中でアアルトのデザインを
これからも大切に使い続けていきたいと思います。











◇ブログランキング◇

お手間おかけしますがブログ応援クリック↓していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ



いつもありがとうございます
1日1回のクリックがブログ更新の励みになっています。