Anker Soundcore Wakey ◇これ一台でスッキリまとまります!便利なマルチスピーカー

家電・電子機器
オススメ
オススメ

一台で何役もこなすアンカーのスピーカー”Anker Soundcore Wakey”がとても便利でした。
使い方とワークスペースでの使用のご紹介です。

2009_186

カラーは3色で、ホワイトにしました。

Anker Soundcore Wakey Qi 対応 Bluetooth スピーカー ワイヤレス充電器 高音質 ラジオ 目覚まし時計 10W出力 iPhone & Android対応 デュアルドライバー ステレオサウンド

付属品

中身は、Soundcore Wakey本体、ACアダプター、FMラジオアンテナ、クイックスタートガイド、安全マニュアル。

本体背面にはUSB ポートも2口あります。

上部はワイヤレス充電器にもなっていて、スマホの充電も可能。
(USBケーブルは付属しません。)

アプリ”Soundcore”の活用

専用アプリ【Soundcore】をダウンロードして使用。
使用時はBluetooth設定から、【Soundcore Wakey】に接続。

Bluetooth接続後、アプリ【Soundcore】を立ち上げます。

LED表示の設定や、

アラームの設定、

ヒーリングサウンドの設定、

ラジオの選局など、詳細設定はアプリから行いますが、Bluetooth接続、FMラジオの起動、音量の調整、アラームのスヌーズなどは本体下部のタッチバーで可能。

時刻はアプリ使用の際に、スマホやパッドなどの接続元と同期しているようで、個別に設定する必要はありません。
付属のクイックガイドにもアプリにも詳しい説明がなく、使いながら感覚的に理解できるようになってます。

一台四役 スピーカー+ラジオ+時計+充電器

前面には時刻が表示されて時計として使え、上部はワイヤレス充電器になっているので、スマホの充電も可能。
ワイヤレス充電中は青ランプが点灯します。

その他、ワークスペースに置いていたBluetoothスピーカーとラジオも一台に集約できました。

2009_187

ラジオ”Tivoli Audio Model One”との比較

2009_180

【Anker Soundcore Wakey】で聴けるラジオはFMに限られますが、サイズは【Tivoli Audio Model One】と比べるとかなり小さくなりました。(ワイドFM対応外のようです)
※これまで使用していた【Tivoli Audio Model One】はBluetooth対応前の旧式だったため、Bluetoothスピーカーとしては使用できず、ラジオの機能のみ。

Bluetoothスピーカー”BOSE SoundLink Mini”との比較

2009_181

サイズは【BOSE SoundLink Mini】と比べるとやや大き目です。

BOSE のスピーカーはワイヤレスで使える充電式でしたが、バッテリーが使えなくなってしまったので、今回は充電式ではなく、ACアダプターにつないで使うスピーカーを選びました。
※【Anker Soundcore Wakey】は持ち運び不可のため、移動して使用する場合はバッテリー式のスピーカーがオススメです。

スピーカー裏側のUSB ポートを活用すれば、iPadの充電をしながら、Bluetooth接続で音声を出力することもできますよ。

2009_183

小さくまとまって配線もスッキリ

約幅20cm×高さ8.5cm×奥行9cmで、スピーカー、ラジオ、時計、充電器の役割を果たす便利な一台。

ラジオの選局などはアプリを立ち上げる必要がありますが、前に聞いていたラジオをそのまま聞くだけなら、本体下部のタッチバーで起動できるので煩わしさもありません。

いろんなラジオを聴きたいなら、ラジオを選ぶべきですし、Bluetoothスピーカーとして使うなら、音質重視のスピーカーを選ぶべきだと思います。

わたしの場合は、聴くラジオも限られていて、いつもBluetoothスピーカーとして使うわけではないので、音質も機能も十分に満足。

電子機器の数を減らせると、配線も少なくなるのもいいですよ。

この一台に替えただけで、ワークスペースまわりの配線がかなりスッキリしました♪
カラーもブラック、ホワイト、ピンクの3色で、インテリアに合わせていろいろ選ぶこともでき、スッキリしたデザインでオススメの一台です!


にほんブログ村 にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました