iittala◇フィンランドから届きました♪限定バードとペーパーバック

interior

フィンランドからはるばる海を越えてやってきました。

イッタラのフクロウとバードの本。
【BIRDS BY TOIKKA TOIKAN LINNUT 】

201705_189

どれも主人が熱心に探してました。

小さなフクロウはscope さんの Polar night owl 紹介ページで名前が登場してる子。
scope さんのUgla とともに生まれたというストックマン限定 Rospuutto Owl さんです。

201705_200

Ugla さんとおなじく、とっても愛嬌のあるお顔です(●´ω`●)

201705_198

かわいいわぁ。
ストックマン限定だったためか、
フィンランド名だけで、英語名はついてませんでした。

大きい子もフィンランド限定らしいです。
Sarvipöllö さん。

201705_201

でも、ちゃんと英語表記もありました。
Long-Eared Owl 。
耳長のフクロウさん。

透明感があってとってもステキです♡

201705_199

余談ですが、フクロウ科のうち、羽角(耳)がある種をミミズクっていうらしいです(゜o゜)

つまり、この子はミミズクなのかしら?

フクロウ&ミミズクファミリー大集合!

201705_194

視線が気になります。笑

わたしはキレイ目バードが好きだったのですが、
いつの間にか主人に影響されてフクロウも好きになりました。

というか、これだけ見つめられていると好きにならずにいられません。笑
目がカワイイんですよね。

201705_195

表情があると、特別な愛着がわくものですね~。

オイバさんが現役のうちに存分に楽しまないともったいないですし!
同じ時代に生きていられるなんて幸せですよね♡

201705_193

(ジェダイとシスに見えてしまうのですが!)

また新しいフクロウも生まれるといいな~。

201705_197

その瞳で見つめられると、なんだか妙な気分になるのですよ!

なんだか好きになっちゃいませんか?
オイバの魔法。笑

追記:2017年秋、【Long-Eared Owl】は日本でも【トラフズク】として取り扱いが始まりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました