先日の記事のその後。

関連記事:高知のまじめなお菓子と壊れたフロアライト◇仁淀ブルーをながめつつミレービスケット


無事にフロアライトが戻ってきました!



201801_271



ルイスポールセン・ジャパンに修理依頼をしていたVL38 シリーズのフロアライトです。





ルイスポールセン louis poulsen VL38 Floor ラジオハウス フロア フロアライト カラー:ブラック デザイン:ヴィルヘルム・ラウリッツェン



201801_272



点灯しなくなってメーカーにて状態確認をしていただいたところ、
修理不能の初期不良だったようで、代替品が届きました。



201801_273



さっそく中身の確認。



201801_274



上部には付属品が入ってます。



201801_275



電源ユニットと器具を取り出すのための手袋。

そして、本体。



201801_276



手袋をつけて取り出します。



201801_278



このままではコンセントに差し込めないので、
付属の電源ユニットを接続します。



201801_292



電源ユニットには日本国内用の電源プラグが取り付けられていますが、
海外用の着脱プラグも同梱されています。



201801_290



取説には日本国内で使用の場合はプラグを抜かないようにとの注意書きがあり、
海外用のプラグはお客様の責任においてご使用くださいとのこと。

電源ユニットを接続してコンセントに差し込めば点灯の準備完了です!
ランプの点灯、調光、消灯はフットスイッチで操作します。



201801_293



フットスイッチを押してスイッチオン。



201801_284



LED 電球が点灯。

照度は二段階。
調光もフットスイッチで操作。

消灯
↓押す
100%点灯
↓押す
50%点灯
↓押す
消灯



201801_285



アームは無塗装の真鍮でシェードは塗装仕上げのアルミ。

シェードの角度は可動域120°で調整できます。



201801_286



下向きから、



201801_287



上向きまで。



201801_288



実用的で美しいデザインです。

VL38 Floor はデンマークのラジオハウス(デンマーク放送局)のために
1940年代に建築家ヴィルヘルム・ラウリッツェンによってデザインされたもの。

当時の建築家はあらゆるものをデザインしていたんですよね。
いまも残る美しいデザインの数々を見ているとただただ感心するばかり。



201801_283



リビングのAJ Floor もデンマークの建築家アルネ・ヤコブセンのデザイン。





ルイスポールセン louis poulsen AJ Floor AJ フロア カラー:サンド デザイン:Arne Jacobsen アルネ・ヤコブセン



時代や国境を越えて、世界中で愛され続けるものってすごいです。

VL38 Floor はリビングの隣のホームシアターの部屋に置く予定。

シアタールームにアームチェアを置きたいとあれこれ妄想中。
素敵なアームチェアに憧れてます。



 



完全なる妄想ですけれども(;´∀`)お値段が可愛くなさすぎるー!

気長にのんびりインテリアを整えていきたいと思ってます。



にほんブログ村テーマ 照明・ライトニングへ
照明・ライトニング
にほんブログ村テーマ Louis Poulsen ルイスポールセンへ
Louis Poulsen ルイスポールセン

にほんブログ村テーマ 照明・ペンダントライト・デスクライトへ
照明・ペンダントライト・デスクライト
にほんブログ村テーマ 北欧デザインへ
北欧デザイン
にほんブログ村テーマ 北欧大好きへ
北欧大好き
にほんブログ村テーマ 北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器へ
北欧インテリアに憧れて☆家具・雑貨・食器
にほんブログ村テーマ 北欧×モダン=北欧モダンへ
北欧×モダン=北欧モダン





たくさんのご訪問ありがとうございます。
ブログをつづける励みになってます。

また遊びにいらしてくださいね。

*******
ブログの更新のお知らせがLINE で届きます!



インスタでも日々つぶやいてます。

wagacoco89

ブログランキング応援ポチもいつもありがとうございます!

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ