【この世界の片隅に】を観ました。



201709_199



昨年末、漫画家のきっかさんに勧めていただいた映画で、
劇場に観に行けず、ずっと観たいと思っていた映画です。



201709_203



舞台は戦時中の広島県広島市と呉市。





この世界の片隅に【Blu-ray】 [ のん ]



<ストーリー>
1944(昭和19)年2月。18歳のすずは、突然の縁談で軍港の街・呉へとお嫁に行くことになる。
夫・周作のほか、周作の両親と義姉・径子、姪・晴美も新しい家族となった。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、
時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。
1945(昭和20)年3月。
呉は、空を埋め尽くすほどの艦載機による空襲にさらされ、すずが大切にしていたものが失われていく。
それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくるーー。

(商品紹介より)

(詳細は公式サイトをご覧になってみてくださいね。)
リンク:http://konosekai.jp/



201709_204



優しいタッチの絵で、穏やかに淡々と物語が進んでいき、
じんわりじんわりを心に染み入って、
じわじわと涙が出てきて、
観終わった後も涙が出てしまいました。

クラウドファンディングで製作された映画で、
エンドロールの後にクラウドファンディングに協力された方々の名前が出てきて、
その中に勧めてくださったきっかさんの名前もあり、
この映画のためにクラウドファンディングされた方々への感謝も感じました。
この方たちがいなかったら、この作品に出会うことができなかったんだなぁと。

戦争の悲惨さや理不尽さと、
人の強さと優しさが深く心に沈み込んで、
内側からあたたかさを感じ、じんわりと涙が出てくる映画でした。

本編129分のやや長目の映画ですが、
これからの秋の夜長にゆっくり観たくなる一本です。







201709_200



感動で寝付けなくなるかもしれませんが!

主人公のすずさんの声を演じるのは、
能年玲奈さんこと、のんさん。

声の雰囲気と世界観がとても合っていて良かったです。
大切にしたい一本になりました。
(特装限定版にすればよかったなぁ。。。)



にほんブログ村テーマ 映画の感想へ
映画の感想
にほんブログ村テーマ あなたのオススメの映画は?へ
あなたのオススメの映画は?
にほんブログ村テーマ 好きな映画へ
好きな映画
にほんブログ村テーマ 日本映画、邦画へ
日本映画、邦画
にほんブログ村テーマ 外国映画、洋画へ
外国映画、洋画
にほんブログ村テーマ 映画DVD、映画ビデオへ
映画DVD、映画ビデオ
にほんブログ村テーマ ホームシアターへ
ホームシアター

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへにほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ










*******
ブログの更新のお知らせがLINE で届きます!



ブログランキング応援ポチもお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

インスタフォローも嬉しいです♪→@wacodays

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
進撃のオマケ。

実をいうと、この映画を観たかったのには不純な理由もあるのです。。。

主人公の夫・北條周作役を細谷佳正さん、
主人公の幼馴染・水原哲役を小野大輔さんという二人の声優さんが演じてます。

ライナー・ブラウンとエルヴィン・スミスの声優さんなのです!
(進撃の巨人の二人です。)

声の演技だけでこんなにも人格を変えられるなんて、
声優さんってスゴイなぁとしみじみ感じました。

ライナーじゃなくて、周作さんだったし、
エルヴィンじゃなくて、水原さんだった。

あまちゃんじゃなくて、すずさんだったのんさんもとっても良くて。

声優さんや音楽がアニメーションとぴったり合っていて、
ほんとうに素晴らしい映画でした。







この世界の片隅に(特装限定版)【Blu-ray】 [ のん ]



そんな感動をしながらも、
わたしはやっぱり進撃を予約。笑



201709_219





DVD付き 進撃の巨人(24)限定版 (講談社キャラクターズライツ) [ 諫山 創 ]



進撃の巨人24巻スピンオフDVD付き限定版を予約しましたよ~。
予約締切は9月22日。
購入予定の方はお忘れなく!