今日のランチに無印良品の食べるスープ【揚げ茄子と豚肉の生姜スープ】を食べました。



201603_072



お湯を注ぐだけで、具だくさんスープを簡単に食べられるスープ。



201603_073



ここ最近、なかなかスッキリ体調が整わず、
朝晩の食事はなんとか準備していたものの、
「昼ごはんちゃんと食べてる?」と主人からの指摘^^;

ちょうど、無印良品の【ITSUMO MOSHIMO】が気になっていたこともあり、
簡単に食べられる保存食を買いに、主人と一緒に店舗へ行ってきました。



201603_074



もうすぐ東日本大震災から5年。
当時のことをブログであまり書いたことはありません。
いまだに、震災についての新聞記事などを読むと、涙がこみ上げてきます。

時間の経過とともに、震災の記憶が風化してしまうという心配もありますが、
時間が経ったからこそ、ようやくフラットな気持ちで向き合えることもあると思います。
(わたしはいろいろなことを消化するのに時間がかかるタイプ。)

今年、5年目の節目に災害への備えについて、改めて考えてみようと思っていました。



201603_077



無印良品の店舗で無料配布しているリーフレット【わたしの備え。いつものもしも。】には、
【七日間を生き延びよう。】というテーマで、必要な保存食の備え、
調理法、必要な備品、歯磨き、食器、トイレのアイディアなどがまとめられています。

他にも、非常時に役立つ豆知識なども。

更に詳しい情報は地震ITSUMO.COM で見ることもできました。
地震イツモノートという防災マニュアルをPDFでダウンロードすることもでき、
防災について考えるきっかけになると思います。

リンク:http://www.jishin-itsumo.com/



201603_076



震災から5年目のその日まで、防災について見つめ直してみようと思います^^

ですが、、、



201603_079



それ以前にわたしは早く体調を万全に治さなければ^^;

風邪をひいて、一週間買い物に行けなくても乗り切れる備え、まずはそこから?
でも、きっと、当たり前の暮らしの中に、
常に一週間分くらい、非常時に備えるこころがけが必要なのかな、と、そう感じました。
特別なこととしてではなく、当たり前のこととして。

ものを持たない暮らしが注目を浴びるいまだからこそ、
普段は使わないモノを数日分、家族の分、
しかも、使わずに済むことを願いながらモノを持つことの意味を考えるのは、
地震の多い島国、日本に暮らすわたしたちには大切なことなのかもしれませんね。

いかに、普段の暮らしの中に、当たり前のものとして備えることができるか^^

あれから5年、あの時のことを思い出しながら、
日頃の備えについて考える一週間にしようと思います。




*******
最後まで読んでくださって、ありがとうございます^^

このブログの更新通知をLINE で受け取れます↓



お手間お掛けいたしますが、
お帰りの際「読んだよ」のしるしに↓バナークリックしてくださると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ



1日1回のクリックがブログ更新の励みになっています。
いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

わが家のここち。HOME HISTORY VIEW

このブログの本を出版させていただきました。
ブログを見てくださっている皆様へこころより感謝*^^*